Petersburg JP-100 【ヘッドアンプ】【渋谷店】:イシバシ楽器 17Shops - 246f4

2019-02-06
カテゴリトップ > 店舗別で探す > 渋谷店 > アンプ
Petersburg
JP-100
【ヘッドアンプ】【渋谷店】
ジミーペイジが1995年にロバート・プラントと行っていたペイジ・プラント。
その時のツアーでのメインのアンプがこのペテルスブルグ「JP100」です。
ペイジはそれ以来このアンプを愛用しており、2007年のO2アリーナでのリユニオン時にもステージで確認されています。

アンプの特長はなんといっても、パワーアンプの真空管に6L6を搭載しているということです。
ジミー・ペイジのトレード・マークといえば、レスポールとマーシャル・アンプでしょう。
そのマーシャルのパワー管の標準はEL34ですが、ジミー・ペイジのマーシャル・アンプには6L6が搭載されています。
この6L6を搭載することで非常に明るいサウンドになり、ペイジが好む中域や高域に艶がでるサウンドになります。
これこそがジミー・ペイジのサウンドの秘密の1つです。

1台のみの入荷となっておりますのでお問い合わせはお早めに!

     スペック 
  • 出力:100W RMS
  • インピーダンス:4、8、16Ω対応
  • プリ管:12AX7×3
  • パワー管:6L6×4
  • 電源:100VAC, 50/60Hz
  • サイズ:715mm(W)×240mm(D×)265mm(H)
  • 重量:22,8kg
Jimmy SAKURAI氏のコメント(LED ZEPAGAIN)

このアンプは、ギター本来の音色を非常に大事にするアンプですね。ハイゲインではないので、歪みサウンドが必要な場合は、ブースターやオーバードライブで、アンプの歪みを補うのがおすすめです。ディストーションの場合はゲインを低めに設定するといいですね。初期のジミー・ペイジのようにファズを使うのも効果的でしょう。非常に良いアンプです。

ビデオの後半ではRoger MayerのVoodoo-Axeを加えてみました。今回はそんなに大きなスピーカーではないですが(1×12インチ)、もっと大きなキャビネットで大きな音で鳴らせば、更にドライブするでしょう。



※こちらの商品は店頭でも販売中です。掲載商品販売後は迅速な削除を心がけておりますがタイムラグが発生する場合がございます。店頭でのご試奏やご購入をご検討中のお客様は恐れ入りますが一度お電話かメールにて石橋楽器店渋谷店のエフェクター・アンプ担当まで、ご連絡いただけるとより確実です。


【展示品処分特価】Jimmy Page愛用のロシア製ヘッドアンプ!
価格
278,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
2〜5日で発送予定、お取寄せ時別途ご案内
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く